event.png
写真でのこそう! 熱いプレーを撮影しています!

2011年01月05日

第89回全国高校サッカー選手権大会

【準々決勝】2011.1.5 Wed.
フクダ電子アリーナ(千葉市)  14:10 KICK OFF!!

西武台、PKで涙のむ
県勢18年ぶりの国立ならず


西武台 2(0ー1)(2ー1)2 立正大淞南
4PK5

PK戦
西 ○×○○○××
淞 ○○×○○×○


前半9分、立正大淞南、加藤に先制ゴールを許した西武台は後半2分、澤本のクロスに清水がヘッドで押し込み同点に追いついた。
これでペースを掌握した西武台だったが、逆に19分、右スローインからゴール前に流れたボールを池田に蹴り込まれて再びリードを許した。
必死に反撃を試みる西武台は、2分のロスタイム終了間際に末松が劇的な同点ゴール、そのままPK戦に突入した。

PK戦でも7人目までもつれる展開となったが、惜しくも4ー5で敗退。夢の国立まであと一歩の惜敗を喫した。



----------


【三回戦】2011.1.3 Mon.
NACK5スタジアム大宮  12:05 KICK OFF!!

エース・清水が2ゴール!! 西武台、初の八強進出!!

西武台 2 (1-0)(1-0) 0 作陽(岡山県)
【得点者】清水 2


作陽のサイドアタックを身体を張った守備で抑えた西武台は前半22分、澤本からパスを受けた清水が反転してスライディングシュート、これが鮮やかに決まってリードを奪った。
後半立ち上がりから作陽はセットプレーの連続で反撃するがゴールならず。厳しい時間帯を耐えた西武台は後半21分、左サイドから阿部がDFをかわしてクロス、清水がヘッドでゴール左に叩き込んで貴重な追加点を挙げた。
西武台は作陽の必死の反撃を跳ね返して快勝、初の準々決勝進出を果たした。
埼玉県代表のベスト8入りは第79回大会の武南以来10年ぶり。
いよいよ西武台は5日、フクダ電子アリーナ(千葉市)で国立の舞台を懸けた戦いに挑む。



----------



【二回戦】2011.1.2 Sun.
埼玉スタジアム2〇〇2  12:05 KICK OFF!!

西武台、三回戦進出!
九州国際大付属に競り勝つ!

西武台 2 (1-0)(1-1) 1 九州国際大付属(福岡県)
【得点者】西武台 佐々木、清水
九州国際大付 木下

立ち上がりから積極的に仕掛けた西武台は前半18分、末松が放ったミドルシュートがDFに当たってルーズボールになり、これを佐々木がバックヘッドで流し込み先制した。主導権を握った西武台は後半10分、左サイドの大迫が中央へ、ニアで構えた清水がワントラップして振り向きざまに左足で追加点を豪快に蹴り込んだ。
終了間際に1点を返されたが九州国際大付の反撃をしのいで勝利を収めた。西武台は3度目の出場で初の3回戦進出。



----------


【一回戦】2010.12.31 Fri.
埼玉スタジアム2〇〇2  12:05 KICK OFF!!

西武台、初戦突破!
佐々木が先制ゴール、後半3点奪って好発進!!

西武台 3 (0-0)(3-0) 0 香川西(香川県)
【得点者】佐々木、末松、清水

前半、香川西の攻勢に手を焼いた西武台は後半4分、末松からのセンタリングを清水が胸で落とし、これを佐々木が鮮やかに決めて先制。これでリズムに乗った西武台は31分、末松がフリーキックを直接決めて2点目、終了間際にはPKを清水が蹴り込んで勝負を決めた。
posted by 管理者 at 16:55| オーレ! 2011取材