2017年06月06日

平成29年度 第60回関東高校サッカー大会

昌平、Aグループを制し、大会優勝に輝く!
正智深谷、決定機決めきれずPK戦で惜敗


2017.6.5 mom
【Aグループ】決勝 NACK5スタジアム大宮 13:00〜
昌平(埼玉1位) 2(0-0)(2-0)0 三浦学苑(神奈川1位)
 前年、Bグループを制し大会3位となった昌平が、今年はAグループを制し大会初優勝を飾った。
 両チーム一歩も譲らぬ中、試合が動いたのは後半18分、渋屋の上げたクロスを佐相が折り返し見が豪快に決めると、28分には堀江の上げたクロスに反応した見が頭で折り返し、原田が右足で合わせ追加点を奪った。三浦学苑の攻撃に対してもGK緑川をはじめ、DF陣が粘り強く抑え、見事に初優勝を掴んだ。埼玉県勢としては7年ぶり23度目の優勝となった。

【Bグループ】決勝 NACK5スタジアム大宮 10:00〜
正智深谷(埼玉2位) 0(0-0)(0-0)(0-0)(0-0)0 PK4-5  前橋育英(群馬2位)
 Bグループの決勝戦はPK戦までもつれ込む大接戦となった。正智深谷はCBの中村、孫からサイドハーフの西澤、萩原にボールを散らし得点のチャンスを窺うが、堅いディフェンスの前でチャンスをつくれず0-0で前半を折り返した。後半もボランチからサイドに仕掛けスペースを狙うが、惜しくも得点に繋がらない。両者一歩も譲らぬままPK戦にもつれこんだ試合は4-5で前橋育英に軍配が上がった。これまでの戦いでは勝利こそしていたものの、失点の隙を与えてしまっていた正智深谷であるが、決勝戦では強豪前橋育英を前にGK根岸の好セーブ、安定した守備陣が力を発揮し、得点を許さなかった。

170605.jpg

----------

昌平、さくら清修にシュートの隙を与えず快勝!
正智深谷、4ゴール奪って勝利を掴む!

ABグループ揃って決勝進出!


2017.6.4 sun
【Aグループ】二回戦 埼玉スタジアム第2G 10:00〜
昌平(埼玉1位) 3(0-0)(3-0)0 さくら清修(栃木1位)
 昌平は前半こそ得点が無かったものの、後半にシュート20本の猛攻。3点を奪い圧倒的な力を見せつけ勝利した。
0-0で折り返した後半7分、古川から繋いだボールを渋屋がドリブルでゴールまで運び先制。ロスタイムにも古川がこぼれ球からゴールを決めるなど、主導権を握り続けた昌平はさくら清修に反撃を許さず決勝進出を決めた。

【Bグループ】二回戦 埼玉スタジアム第3G 13:00〜
正智深谷(埼玉2位) 4(1-0)(3-1)1 宇都宮短大附(栃木2位)
 正智深谷は前半38分、須々田のFKを孫が頭で合わせ、こぼれ球を中村がゴールに押しこみ先制。
後半8分には木藤から繋いだパスを梶谷が豪快に蹴りこみ追加点を奪った。セットプレーから宇都宮短大附に得点を許すが、終わってみれば4-1と危なげなく決勝へ駒をすすめた。

170604.jpg

----------

昌平、後半ロスタイムで同点弾、勢い衰えず逆転勝利!
正智深谷、一度追いつかれるも後半2得点で好発進!


2017.6.3 sat
【Aグループ】一回戦 埼玉スタジアム第3G 10:00〜
昌平(埼玉1位)3(0-1)(2-1)(0-0)(1-0)2 日体大柏(千葉1位)
 昌平が日体大柏に逆転勝利し、初戦を突破した。前半に2点を得点を許した昌平は、後半18分、渋屋の放ったシュートのこぼれ球に古川が頭で合わせ反撃を開始。
ロスタイム、ラストプレーで放たれた原田のFKを渋屋が折り返し、関根のヘディングシュートで同点に追いつき延長戦へ。勢い衰えぬ昌平は、迎えた延長後半3分、原田のCKに再び関根が頭で合わせ、逆転勝利を成し遂げた。

【Bグループ】一回戦 浦和駒場スタジアム 13:00〜
正智深谷(埼玉2位) 3(1-1)(2-0)1 座間(神奈川2位)
 正智深谷は、座間に勝利し2回戦へ駒を進めた。前半7分、孫が放ったロングパスから梶谷がドリブルで抜け出し先制点となるゴールを決めた。しかし22分、座間・村井のスルーパスから失点し1-1で折り返す。後半から勢いの増した正智深谷は11分、鎌田から繋いだボールを萩原が左足で合わせて勝ち越し。さらに萩原のクロスを山根が頭で押し込みリードを広げ、正智深谷は大会初戦を突破した。

170603.jpg
posted by 管理者 at 00:00| オーレ!埼玉 2017取材