event.png
写真でのこそう! 熱いプレーを撮影しています!

2015年06月20日

平成27年度 学校総体兼全国高校総体埼玉県予選

写真販売サービスIPGSでの掲載を開始いたしました。是非お楽しみください。(2016.3.31まで)
※該当試合全てを網羅しておりません。予めご了承ください。

西武台、快勝!!
2年連続7度目V 県内三冠を達成!


2015.6.21(日)【決勝】
●NACK5スタジアム大宮
西武文理 vs 西武台
前  半 0-2
後  半 0-2
合  計 0-4
 共に総体出場を決めた西武台と西武文理が決勝を戦い、4-0で西武台が勝利した。
 前半36分、PA内で佐藤のロングパスを受けた川田がワントラップから反転してボレーシュート、先制点を奪う。同40分には阪口のクロスを橋本がダイレクトで合わせて追加点、リードを広げた。一方、西武文理は自軍深くで強固な守備網を形成し田辺を中心としたカウンターで反撃したが得点には至らず。
 西武台は、後半にも佐藤、山口が得点を重ねて勝利を収めた。「新人大会、関東大会県予選でファイナルを戦った経験が活きた」と守屋監督が話したように、盤石な試合運びで2年連続7度目の優勝を果たした。

----------

2015.6.20(土)【準決勝】
●埼玉スタジアム第2G
昌平 vs 西武文理
前  半 1-1
後  半 0-1
合  計 1-2
 全国総体初出場をかけて戦った大一番を、西武文理が制した。
 前半3分、昌平は佐々木が頭で合わせて先制。対する西武文理は同30分、岩城の縦パスに反応した田辺がゴールを決め同点とする。
 互いに決定打がないまま迎えた後半33分、西武文理は田辺が倒されPKを獲得。これを自らゴール左側にきっちり蹴り込み勝ち越しに成功、チームを初の全国大会へ導いた。

浦和東 vs 西武台
前  半 0-1
後  半 1-2
合  計 1-3
 両校共に素早い攻守の切り替えと、チームとして連動した動きを繰り返し主導権を奪い合う。西武台は前半33分に川田のゴールで先制、その後も両サイドを起点にチャンスを量産する。
 後半、ますます鋭いショートカウンターを繰り出した西武台は終盤に川田、山口が加点に成功。粘る浦和東を突き放し、2年連続10度目となる総体出場の切符を手いれた。

----------

2015.6.14(日) 【準々決勝】
●昌平G
昌平 vs 早大本庄
前  半 0-0
後  半 1-0
合  計 1-0
 試合は、DFラインからの丁寧なパスワークで攻撃を組立てる昌平ペースで進行。昌平2年生コンビ本間と松本が存在感を見せてゴールに迫る展開が続くも、組織化された厚い守備網を敷く早大本庄が得点を許さず、スコアレスのまま終盤を迎える。延長突入かと思われた後半34分、中盤のボール奪取から昌平がショートカウンターを敢行。本間、松本と繋ぎ、最後は自軍からオーバーラップで駆け上がったDF関根が、GKとの1対1をチップキックで押しこみ、決勝ゴールを奪った。

市立浦和 vs 浦和東
前  半 0-2
後  半 1-3
合  計 1-5
 浦和東が、市立浦和との”浦和ダービー”をゴールラッシュで制し、総体県予選準決勝進出を決めた。大量得点の口火を切ったのは前半11分、菅と近藤のパス交換から最後は松本が流し込み先制。同38分に菅が追加点を奪うと、後半に入っても浦和東の攻撃力が爆発、中荒井、篠崎、境田らが得点を重ねて大勢を決した。
 市立浦和は、終始守勢に回されて攻撃に移れず、後半36分に相手のパスカットから瓜生が奪ったゴール以外、見せ場をつくれなかった。

●西武台高校第2G
国際学院 vs 西武台
前  半 0-1
後  半 1-2
合  計 1-3

西武文理 vs 聖望学園
前  半 1-0
後  半 2-1
合  計 3-1

----------

2015. 6.13(土) 【3回戦】
●昌平G
昌平 vs 伊奈学園
前  半 1-0
後  半 0-0
合  計 1-0
 昌平は松本を軸に序盤から主導権を奪う。最終ラインからボールを動かしながら、伊奈学園ゴールを脅かした。12分には本間のゴールで先手を取る事に成功。その後も自分たちのリズムで試合を進めたが、相手のブロックを崩し切れず、追加点を奪えない。
 後半に入ると、伊奈学園は反撃する場面も目立つようになったが、昌平守備陣が最後のところで奮闘。追加点こそ奪えなかったものの、昌平はベスト8進出を決めた。

市立浦和 vs 桶川
前  半 0-0
後  半 2-2
延長前半 1-0
延長後半 1-1
合  計 4-3
 序盤から市立浦和は中盤でのミスが散見。対する桶川は後半の頭に少ない決定機を活かして一気に2点のリードを奪った。しかし、市立浦和は56分に途中出場の中尾がネットを揺らすと、攻撃のギアが加速。64分には茂木の得点で同点に追い付き、試合の流れを一気に引き寄せた。延長に入ってからも攻勢を仕掛ると、瓜生が87分に決勝弾。その後は互いに1点を取り合うも、浦和市立が苦しみながら準々決勝進出を決めた。 

●西武台高校第2G
浦和学院 vs 西武台
前  半 0-2
後  半 1-2
合  計 1-4

大宮東 vs 聖望学園
前  半 1-1
後  半 0-2
合  計 1-3

早大本庄 vs 川越東
前  半 2-0
後  半 2-0
合  計 4-0

●埼玉工業大G
浦和東 vs 浦和西
前  半 2-0
後  半 0-0
合  計 2-0

国際学院 vs 埼玉平成
前  半 1-0
後  半 1-0
合  計 2-0

西武文理 vs 立教新座
前  半 2-0
後  半 2-0
合  計 4-0


1・2回戦の結果はこちら
posted by 管理者 at 00:00| オーレ! 2015取材