ole25_470×100CMkyousan.gif
資料請求はお手数ですがこちらまでご連絡ください

IPGSバナー
写真でのこそう! 熱いプレーを撮影しています!

2014年02月19日

平成25年度 県民総合体育大会 兼 高校サッカー新人大会

IPGSでの写真閲覧を開始しました。どうぞお楽しみください。

【決勝】 H26.2/19(水) 西武台高校第2G
昌平、県内初タイトルに輝く!
野村が決勝ゴール! リードを守って頂点に


昌平 1(1−0)(0−0)0 浦和南
 昌平が苦しみながらも、藤島監督就任7年目で県内公式戦初のタイトルを手にした。
 前半17分、浦和南の高いDFラインの背後へFW野村が動きだすと、右サイドDF篠崎から絶妙な縦パス。抜け出した野村は意表をつくダイレクトシュートを放ち、4試合連続となるゴールを奪う。昌平は攻撃に切り替わるとMF沼田・和田を中心にバランスを取りながら、中盤でボールを保持し隙を狙う。しかし、浦和南の厳しいプレスを前に最終パスの精度を欠き、放ったシュートは5本。大半がロングパスの対応に費やされたが、主将の長里を中心とする守備陣は高い集中力で猛追を退けた。
 昌平・藤島監督は「焦りや慌てる部分が出て内容は良くなかった。しかし、勝ち切る力がついてきたのかもしれない」と冷静に試合をふり返り、既に次のステップを見つめていた。
 浦和南は相手DFラインの背後・ゴール前を狙ったロングパスを徹底的に繰り返した。後半7分にCKからDF佐藤のヘッド、同16分にMF小峯の直接FK、同37分にはMF有田のヘッドなどで再三ゴールに迫るが、いずれも昌平GK脇本の好守に阻まれた。粘り強い守備に支えられ、無失点で勝ち上がってきた浦和南。前半に唯一許したシュートを決められて惜敗、28年ぶりの新人大会優勝に届かなかった。

140219新人大会ダイジェスト
決勝戦ダイジェスト

----------

【準決勝】 H26.2/18(火) 西武台高校第2G
昌平 2(0−0)(1−1)(0−0)(1−0)1 市立浦和
 昌平が逆転で延長戦を制し、県内大会初となる決勝進出を決めた。
1点を追う昌平は後半26分、交代で投入された蛭間が相手をあざむくドリブルで左サイドから攻め入ると、同サイドに走り込む野村へ絶好のスルーパス。これを野村が右サイドネットに突き刺すダイレクトシュートを放ち、同点に追いつく。延長後半4分には左サイドから長里が柔らかいクロス、これをゴール前でフリーになった蛭間が頭で合わせて決勝点をもぎ取った。
 昌平は後半6分に獲得したPKなど決定機を決め切れない場面もあったが、焦ることなく中盤で小刻みにパスを繋ぎ、相手の隙をみながら攻撃を繰り返した。
市立浦和は後半14分、富田が左サイドから中央に切れ込んでゴロのパスを送ると、中央で中井が相手DFを背負いながらゴール左隅へ流し込んで先制。何度も両サイドを突破し、CKを含め15本に及ぶクロスを送ったが精度を欠き、追加点に結びつけることができなかった。

浦和南 1(0−0)(1−0)0 西武台
 浦和南が28年ぶりの新人大会優勝に向け、3試合連続の完封勝利で決勝進出を果たした。
前半、浦和南はサイドから攻撃を仕掛けるが、西武台の厳しい守備に阻まれペナルティーエリア内へ侵入できず。枠内へのシュートを放てず、劣勢の状況で前半を折り返した。しかし後半3分、有田の右クロスをゴール前で小峯が頭で合わせて先制。勢い乗る浦和南は、風上を活かしてシンプルにタイミングよく相手DFラインの背後へボールを送り続け、試合の主導権を奪回。前線から中盤にかけて球際に厳しく、果敢な守備を絶えず繰り返して相手の自由を奪い、完封勝利を掴んだ。
 西武台は前半の攻勢を活かせず、後半立ち上がりに痛恨の失点。相手の重圧を前にボールを動かせない時間帯が続き、後半20分頃からテンポのよい短いパスでリズムを掴み始めたが、ゴール前で浦和南の好守に阻まれ、得点を奪うことができなかった。


続きを読む
posted by 管理者 at 00:00| オーレ!埼玉 2014取材