event.png
写真でのこそう! 熱いプレーを撮影しています!

2012年06月24日

平成24年度 学校総体兼全国高校総体埼玉県予選

終盤に2ゴール!
西武台、2年ぶり5度目の優勝!


 後半20分まで守勢に立たされた西武台だったが、21分、右サイドバック・村上の攻撃参加でリズムをつかむ。迎えた31分、三沢から預かったボールを村上がドリブルで持ち込みクロス、走り込んだ松山が合わせて西武台が均衡を破った。37分には松山のシュートから連続攻撃、三沢、垣内とつないで追加点を奪取した。このまま逃げ切り苦戦を制した西武台は、2年ぶり5度目の優勝を飾った。
 武南は後半10分から立て続けにビッグチャンスを迎えたが、いずれもシュートが決まらず無念の敗戦。12年ぶりの優勝に手が届かなかった。
 西武台、武南の両校は長野県で7月29日に開幕する全国高校総体に出場する。

【決勝】 2012.6.24 san. ■埼玉スタジアム第二グラウンド■
武南 vs 西武台
前半 0-0
後半 0-2
合計 0-2

決勝戦ダイジェスト
試合画像はIPGSにて掲載中です。(2013.3.31まで)
会場配布のチラシをご用意ください。


トーナメント表はこちらから
高校総体埼玉県予選トーナメント表(PDF)6.24up


ーーーーー


武南、2点差を鮮やかに逆転!
耐えて西武台、PK戦を制す!


 準決勝第1試合、前半2失点を喫した武南は後半に猛チャージ。6分にCKから、さらに18分にロングスローから、ともに佐藤仁がヘッドで押し込み同点に。24分、奥村が左に流したボールを室崎がドリブルから豪快にシュート、これが逆転の決勝ゴールとなり、武南が2年連続19度目となる全国高校総体出場を決めた。
 第2試合は息詰まる接戦が展開された。正智深谷は清水を起点に西武台ゴールに迫るもなかなか得点に繋がらず、また西武台も逆襲に転じるが決定機をつくれない。延長戦も正智深谷の攻勢をしのいだ西武台がPK戦を制して2年ぶり8度目の全国切符をもぎ取った。
 決勝は明日、埼玉スタジアム第2グラウンドで13時キックオフ!

【準決勝】 2012.6.23 sat. ■NACK5スタジアム大宮■
武南 vs 浦和東
前半 0-2
後半 3-0
合計 3-2

正智深谷 vs 西武台
前半 0-0
後半 0-0
延長前半0-0
延長後半0-0
合計 0-0
PK 3-4
正×○○×○
西○○○×○

準決勝ダイジェスト
試合画像はIPGSにて掲載中です。(2013.3.31まで)
会場配布のチラシをご用意ください。



-----


四強決まる!
武南vs浦和東  西武台vs正智深谷
全国切符かけ、準決勝で激突!


 平成24年度学校総体兼全国高校総体埼玉県予選は佳境を迎え、6/16(土)に3回戦、6/17(日)に準々決勝が行われた。
関東大会予選を制した武南は3回戦から登場、桶川を5-0で寄せ付けず初戦を突破。準々決勝では波に乗る聖望学園と対戦し、苦戦を強いられたが中薗がマークした1点を守って四強に駒を進めた。関東大会予選準優勝の正智深谷も3回戦からスタート。浦和南から4点、続く花咲徳栄から3点を奪って持ち前の攻撃力を発揮、4年ぶり3度目となる四強入りを決めた。
 新人大会優勝、関東予選四強の西武台も好調をキープ、所沢中央からは12点をマークし大勝発進すると、本庄第一との準々決勝でもそつなく加点して快勝。西武台は3位に輝いた沖縄総体以来、2年ぶりの本大会出場に王手をかけた。浦和東は実力校の大宮南、市立浦和との連戦に快勝し、難ブロックを勝ち上がった。昨年度総体予選決勝・選手権決勝で相対した武南と全国切符をかけて対戦する。
 先の関東大会県予選と同じ四強が勝ち上がり、いよいよ本大会は大詰めを迎える。武南と浦和東は2年連続出場を狙う。正智深谷は4年ぶり出場を果たせるか、西武台が巻き返せるか。注目の準決勝は6/23(土)NACK5スタジアム大宮で11時キックオフ!

【準々決勝】 2012.6.17 sun.
■埼玉工業大学G■
正智深谷 vs 花咲徳栄
前半 1-0
後半 2-1
合計 3-1

武南 vs 聖望学園
前半 0-0
後半 1-0
合計 1-0


■西武台高G■
西武台 vs 本庄第一
前半 2-0
後半 2-0
合計 4-0

市立浦和 vs 浦和東
前半 0-3
後半 1-1
合計 1-4

準々決勝ダイジェスト
試合画像はIPGSにて掲載中です。(2013.3.31まで)
会場配布のチラシをご用意ください。


3回戦までの結果はこちらから
posted by 管理者 at 00:00| オーレ! 2012取材