event.png
写真でのこそう! 熱いプレーを撮影しています!

2011年06月27日

平成23年度 学校総体兼全国高校総体 埼玉県予選

【決勝】2011.6.26 sun. 埼玉スタジアム第3グラウンド

リードを守って浦和東が2年ぶり優勝!
浦和東 2(0ー1)(1ー1)1 武南

 序盤から厳しいプレス、丹念にサイドを突く攻撃で優位に立った浦和東は前半30分、FKからつないだボールを中村が一旦はDFに弾かれながらも豪快に蹴り込んで先制。浦和東はさらに後半15分、有野が放ったFKを菅原がヘッドで合わせてGKの頭上を抜いた。
 2点のビハインドを追って武南はここから逆襲。31分には左サイドから細かくつないで最後は谷口が追撃のゴールを決めた。終盤は目まぐるしく互いのゴール前で激しい攻防が応酬されたが、浦和東はGK武井の攻守も光って接戦に勝利した。浦和東は2年ぶり5度目の優勝を飾ると共に、新人大会では完敗を喫した武南に雪辱を果たした。


-----

【準決勝】2011.6.25 sat. 立正大学グラウンド

後半一気に加速!
武南、10年ぶり総体出場

武南 4(1ー1)(3ー0)1 伊奈学園

 1ー1で折り返した後半9分、武南は中里の蹴り上げたFKから的場が足で合わせて勝ち越し。これで流れをつかんだ武南は完全にゲームを掌握し、後半29分には遊馬、39分に福田がゴールを決めて伊奈学園を突き放した。決勝進出を果たした武南は10年ぶりとなる全国高校総体出場権を獲得した。
伊奈学園は前半厳しいプレスで武南に対抗、前半36分には左サイドから折り返したボールを関口が蹴り込み同点に追いつく粘りをみせた。しかし後半は運動量が落ち追撃できずに準決勝敗退、9年ぶりの総体出場を逃した。

厳しい延長戦を制して
浦和東が浦和南に逆転勝利!

浦和東 2(1ー1)(0ー0)(1ー0)(0ー0)1 浦和南

 ピッチ全体で激しくボールを奪い合う展開の中、先制したのは浦和南。後半21分、右サイドを突破した臼渕から赤井へつなぎ、クロスに小椋がヘッドでねじ込んで均衡を破った。浦和東は25分、素早いカウンターから星子がゴール前へ、ラストパスを預かった菊池が冷静にゴール右隅へ流し込んで同点に追いついた。
 延長戦に入るとセカンドボールを収める浦和東が主導権を握り、迎えた延長前半7分、左CKからファーサイドに構えた小畠がヘッドで決勝点を叩き込んだ。接戦を制した浦和東が2年ぶり、7度目となる総体出場権を獲得した。


総体県予選やぐら


 【トーナメント表】
  画像およびこちらからPDFで開きます。






以前の記事はこちらから
posted by 管理者 at 00:00| オーレ! 2011取材