2015年06月25日

写真販売サイトIPGSよりお知らせ

今季IPGSでは、 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015埼玉県リーグ を撮影しています。
S1リーグはもちろん、S2A・S2Bリーグも全力で撮影中!!
公開開始いたしました。是非ご覧ください。※閲覧には学校様宛配布のパスワードが必要です。(H28.3.31まで)

IPGSは、埼玉県高校サッカーの“感動”と”青春”を写真で残します。
こちらのリンクよりお進みください。 写真販売サイトIPGS

0618_01.jpg

 4/5【S1リーグ・開幕戦】
 正智深谷vs埼玉栄戦より



0618_02.jpg

 5/16【S2Aリーグ・第5節】
 西武台B vs大宮南戦より



0618_03.jpg

 5/23【S2Bリーグ・第6節】
 大宮東 vs久喜北陽戦より



【掲載試合】 ※随時撮影いたします!
4/5 第1節 埼玉栄 vs 正智深谷
4/5 第1節 成徳深谷 vs 武南
4/5 第1節 西武台 vs 伊奈学園
4/5 第1節 西武文理 vs 聖望学園
4/5 第1節 浦和東 vs 市立浦和
5/5 第3節 市立浦和 vs 埼玉栄
5/5 第3節 聖望学園 vs 正智深谷
5/6 第3節 浦和東 vs 伊奈学園
5/6 第3節 西武文理 vs 武南
5/9 第4節 正智深谷 vs 伊奈学園
5/9 第4節 西武文理 vs 西武台
5/16 第5節 西武台B vs 大宮南
5/16 第5節 浦和西 vs ふじみ野
5/23 第6節 大宮東 vs 久喜北陽
5/23 第6節 ふじみ野 vs 武南B
5/24 第6節 深谷第一 vs 浦和
5/24 第6節 南稜 vs 越ヶ谷

公開開始いたしました。是非ご覧ください。
(H28.3.31まで) ※閲覧には学校様宛配布のパスワードが必要です。
タグ:IPGS
posted by 管理者 at 00:00| お知らせ

2015年06月20日

平成27年度 学校総体兼全国高校総体埼玉県予選

写真販売サービスIPGSでの公開を予定しております。今しばらくお待ちください。

西武台、快勝!!
2年連続7度目V 県内三冠を達成!


2015.6.21(日)【決勝】
●NACK5スタジアム大宮
西武文理 vs 西武台
前  半 0-2
後  半 0-2
合  計 0-4
 共に総体出場を決めた西武台と西武文理が決勝を戦い、4-0で西武台が勝利した。
 前半36分、PA内で佐藤のロングパスを受けた川田がワントラップから反転してボレーシュート、先制点を奪う。同40分には阪口のクロスを橋本がダイレクトで合わせて追加点、リードを広げた。一方、西武文理は自軍深くで強固な守備網を形成し田辺を中心としたカウンターで反撃したが得点には至らず。
 西武台は、後半にも佐藤、山口が得点を重ねて勝利を収めた。「新人大会、関東大会県予選でファイナルを戦った経験が活きた」と守屋監督が話したように、盤石な試合運びで2年連続7度目の優勝を果たした。

----------

2015.6.20(土)【準決勝】
●埼玉スタジアム第2G
昌平 vs 西武文理
前  半 1-1
後  半 0-1
合  計 1-2
 全国総体初出場をかけて戦った大一番を、西武文理が制した。
 前半3分、昌平は佐々木が頭で合わせて先制。対する西武文理は同30分、岩城の縦パスに反応した田辺がゴールを決め同点とする。
 互いに決定打がないまま迎えた後半33分、西武文理は田辺が倒されPKを獲得。これを自らゴール左側にきっちり蹴り込み勝ち越しに成功、チームを初の全国大会へ導いた。

浦和東 vs 西武台
前  半 0-1
後  半 1-2
合  計 1-3
 両校共に素早い攻守の切り替えと、チームとして連動した動きを繰り返し主導権を奪い合う。西武台は前半33分に川田のゴールで先制、その後も両サイドを起点にチャンスを量産する。
 後半、ますます鋭いショートカウンターを繰り出した西武台は終盤に川田、山口が加点に成功。粘る浦和東を突き放し、2年連続10度目となる総体出場の切符を手いれた。

----------

2015.6.14(日) 【準々決勝】
●昌平G
昌平 vs 早大本庄
前  半 0-0
後  半 1-0
合  計 1-0
 試合は、DFラインからの丁寧なパスワークで攻撃を組立てる昌平ペースで進行。昌平2年生コンビ本間と松本が存在感を見せてゴールに迫る展開が続くも、組織化された厚い守備網を敷く早大本庄が得点を許さず、スコアレスのまま終盤を迎える。延長突入かと思われた後半34分、中盤のボール奪取から昌平がショートカウンターを敢行。本間、松本と繋ぎ、最後は自軍からオーバーラップで駆け上がったDF関根が、GKとの1対1をチップキックで押しこみ、決勝ゴールを奪った。

市立浦和 vs 浦和東
前  半 0-2
後  半 1-3
合  計 1-5
 浦和東が、市立浦和との”浦和ダービー”をゴールラッシュで制し、総体県予選準決勝進出を決めた。大量得点の口火を切ったのは前半11分、菅と近藤のパス交換から最後は松本が流し込み先制。同38分に菅が追加点を奪うと、後半に入っても浦和東の攻撃力が爆発、中荒井、篠崎、境田らが得点を重ねて大勢を決した。
 市立浦和は、終始守勢に回されて攻撃に移れず、後半36分に相手のパスカットから瓜生が奪ったゴール以外、見せ場をつくれなかった。

●西武台高校第2G
国際学院 vs 西武台
前  半 0-1
後  半 1-2
合  計 1-3

西武文理 vs 聖望学園
前  半 1-0
後  半 2-1
合  計 3-1

----------

2015. 6.13(土) 【3回戦】
●昌平G
昌平 vs 伊奈学園
前  半 1-0
後  半 0-0
合  計 1-0
 昌平は松本を軸に序盤から主導権を奪う。最終ラインからボールを動かしながら、伊奈学園ゴールを脅かした。12分には本間のゴールで先手を取る事に成功。その後も自分たちのリズムで試合を進めたが、相手のブロックを崩し切れず、追加点を奪えない。
 後半に入ると、伊奈学園は反撃する場面も目立つようになったが、昌平守備陣が最後のところで奮闘。追加点こそ奪えなかったものの、昌平はベスト8進出を決めた。

市立浦和 vs 桶川
前  半 0-0
後  半 2-2
延長前半 1-0
延長後半 1-1
合  計 4-3
 序盤から市立浦和は中盤でのミスが散見。対する桶川は後半の頭に少ない決定機を活かして一気に2点のリードを奪った。しかし、市立浦和は56分に途中出場の中尾がネットを揺らすと、攻撃のギアが加速。64分には茂木の得点で同点に追い付き、試合の流れを一気に引き寄せた。延長に入ってからも攻勢を仕掛ると、瓜生が87分に決勝弾。その後は互いに1点を取り合うも、浦和市立が苦しみながら準々決勝進出を決めた。 

●西武台高校第2G
浦和学院 vs 西武台
前  半 0-2
後  半 1-2
合  計 1-4

大宮東 vs 聖望学園
前  半 1-1
後  半 0-2
合  計 1-3

早大本庄 vs 川越東
前  半 2-0
後  半 2-0
合  計 4-0

●埼玉工業大G
浦和東 vs 浦和西
前  半 2-0
後  半 0-0
合  計 2-0

国際学院 vs 埼玉平成
前  半 1-0
後  半 1-0
合  計 2-0

西武文理 vs 立教新座
前  半 2-0
後  半 2-0
合  計 4-0


1・2回戦の結果はこちら
posted by 管理者 at 00:00| オーレ!埼玉 2015取材

2015年06月09日

平成27年度 学校総体兼全国高校総体埼玉県予選【1・2回戦】

写真販売サービスIPGSでの公開を予定しております。今しばらくお待ちください。
※全試合は網羅しておりません。ご了承ください。

2015. 6.7(日)【2回戦】
●埼玉工業大G
浦和西 vs 浦和南
前  半 1 - 0
後  半 1 - 0
合  計 2 - 0

成徳深谷 vs 西武文理
前  半 1 - 1
後  半 0 - 1
合  計 1 - 2

早大本庄 vs 大宮
前  半 0 - 0
後  半 0 - 0
延長前半 2 - 0
延長後半 1 - 0
合  計 3 - 0

●惣右衛門G
聖望学園 vs 武南
前  半 1 - 1
後  半 0 - 0
延長前半 0 - 0
延長後半 1 - 0
合  計 2 - 1
 聖望学園は前半5分にFW島村がネットを揺らし幸先よく先制。対する武南は同11分、MF紺野の左CKからDF安島が頭で合わせてすかさず試合を振り出しに戻す。一進一退の攻防が続く中、試合は延長戦へ突入。聖望学園は延長後半9分、島村が速攻から2点目となる勝ち越しゴールを奪い、3回戦進出を果たした。

浦和東 vs 狭山ヶ丘
前  半 2 - 0
後  半 1 - 0
合  計 3 - 0
 浦和東は立ち上がりからボランチのMF望月を中心にボールを保持すると、サイド攻撃から試合の主導権をにぎる。前半18分、望月がこぼれ球を左足で豪快に蹴り込むと、21分にはFW菅のゴールを右CKからお膳立て。1ゴール1アシストの活躍でチームの勝利に貢献した。後半27分にはFW境田が勝負を決定付ける3点目を奪い、浦和東が盤石な試合運びでベスト16進出を果たした。

国際学院 vs 熊谷
前  半 2 - 0
後  半 1 - 0
合  計 3 - 0
 拮抗した試合展開の勝負を分けたのは決定力の差だった。序盤から互いにゴールを伺う中で、国際学院が前半28分にMF小西の右足で先制。同36分にもFW大和田が角度のないところから左足でゴールを決める。一方の熊谷は後半5分にあったPKを外してしまうなど、チャンスを活かすことが出来なかった。国際学院は後半20分、DF久岡が3点目を奪って快勝、2回戦突破を果たした。

●大宮南高G
大宮南 vs 浦和学院
前  半 0 - 1
後  半 1 - 1
合  計 1 - 2

大宮東 vs 浦和北
前  半 1 - 0
後  半 1 - 0
合  計 2 - 0

●川越東G
川口北 vs 川越東
前  半 0 - 1
後  半 0 - 0
合  計 0 - 1

立教新座 vs 坂戸西
前  半 0 - 1
後  半 2 - 1
延長前半 1 - 0
延長後半 0 - 0
合  計 3 - 2

●川口東G
所沢西 vs 桶川
前  半 1 - 0
後  半 0 - 1
延長前半 0 - 0
延長後半 0 - 0
合  計 1 - 1
P  K 3 - 4

浦和 vs 伊奈学園
前  半 1 - 1
後  半 1 - 1
延長前半 0 - 0
延長後半 0 - 1
合  計 2 - 3

松山 vs 埼玉平成
前  半 0 - 1
後  半 0 - 1
合  計 0 - 2
一回戦の結果へ
posted by 管理者 at 00:00| オーレ!埼玉 2015取材

2015年06月01日

平成27年度 第58回関東高校サッカー大会

2015.6.1 mon.
後半に痛恨の2失点…。西武台、関東大会準優勝

【Aグループ】決勝 味の素フィールド西が丘サッカー場 13:00〜
西武台(埼玉1位) 1(1-1)(0-2)3 日大藤沢(神奈川1位)

 中盤の丁寧なビルドアップから攻撃を展開した西武台ペースで試合は進行するも、個人技から日大藤沢(神奈川1位)に先制点を許す。追いつきたい西武台は、今井、山口、川田を中心とした小気味の良いパスワークで攻撃のリズムを取り戻すと、前半38分、右サイド新行内のクロスを橋本が頭で合わせて同点とし、折り返す。後半、西武台はパスミスからカウンターで2失点。獲得したセットプレーから反撃を試みたが、最後まで日大藤沢の強固な守備網を切り崩すことができなかった。
 準優勝の西武台は第53回大会(平成22年度)以来、5年ぶりの上位入賞を果たした。

 大会優秀選手として、西武台からMF今井佑達朗(2年)、FW 川田航平(3年)、FW 橋本陸(3年)の3名が選出された。

決勝戦ダイジェスト
決勝戦ダイジェスト

----------

2015.5.31 sun.
小川、起死回生の同点弾!
西武台、PK戦を制し決勝進出!!


【Aグループ】準決勝 味の素フィールド西が丘サッカー場 10:00〜
西武台(埼玉1位) 1-1 4PK2 帝京第三(山梨1位)

 前半11分、セットプレーから失点し、リードを許した西武台はサイドを崩して反撃するがクロスの精度が低く得点を奪えない。このままタイムアップかと思えた後半40分、西武台は右サイドからつないだボールを山口がシュート、そのこぼれ球を小川が詰めて土壇場で同点に追いついた。延長でも決着がつかずPK戦、西武台GK清水が1本目を止めるなど4-2で制した。
 西武台は5年ぶりの優勝をかけて日大藤沢(神奈川)との決勝戦に挑む。

 また、同日に行われた女子グループ準決勝では花咲徳栄が日本航空(山梨)に1-0で競り勝ち、初の全国総体出場を決めた。

準決勝ダイジェスト
準決勝ダイジェスト

----------

2015.5.30 sat.
2得点完封勝利
西武台、初戦突破!!


【Aグループ】1回戦 駒沢第二球技場 10:00〜
西武台(埼玉1位) 2-0 関東第一(東京1位)

 5年ぶり、9度目の関東大会に臨んだ西武台は関東第一(東京1位)と対戦。前半10分、右サイド新行内からのクロスをを橋本がダイレクトで合わせて先制すると、続く34分、山口が追加点を奪った。後半は2点のリードを守り抜いた西武台が完封勝利を飾った。
 西武台は明日、帝京第三(山梨1位)と、対戦する。


主導権挽回できず…
市立浦和、初戦敗退


【Bグループ】1回戦 駒沢補助競技場 13:00〜
市立浦和(埼玉2位) 1-3 桐生第一(群馬2位)

 開始早々から、中盤のハイプレスで主導権を奪取した桐生第一(群馬2位)ペースで進む。後半7分、桐生第一・滝沢昂の先制弾を皮切りに、市立浦和は立て続けに3失点。アディショナルタイムに日高のFKを武藤が頭で合わせ1点を返すも、これでタイムアップ。関東大会Bグループ、市立浦和は初戦で涙を呑んだ。

150530ダイジェスト
一回戦ダイジェスト
posted by 管理者 at 00:00| オーレ!埼玉 2015取材