IPGSバナー
写真でのこそう! 熱いプレーを撮影しています!

2018年07月17日

【重要】写真販売IPGSサイト アクセス集中に伴う、閲覧不可に関するお詫び

平素IPGSをご利用いただき誠にありがとうございます。

このたびは、写真販売サイトIPGS アクセスの件でご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。
サイトへのアクセスの集中により、断続的にページが閲覧出来ないという事象が発生しております。
閲覧不可の原因ですが、、サーバーへの高負荷障害が発生し
ウェブサイトに大変つながりづらい状態となっております。
ただいま対策中でございます。

なお、上記不具合が発生した場合は、しばらく時間を空けてアクセスしていただくよう
お願い申し上げます。

恒久的な対策として、近日中により多くのアクセスに耐えうる環境を検討していく所存であります。
ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
どうか今後ともご愛顧を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

写真販売IPGS運営 株式会社イシクラ
IPGSサイト https://www.n-ipgs.jp
posted by 管理者 at 16:58| お知らせ

2018年07月06日

平成30年度 学校総体兼全国高校総体埼玉県予選【決勝〜準々決勝】

スマホには負けない!写真で伝える躍動感! プレー中の写真は宝物!
下記サイトに掲載いたしました!
IPGSバナー
プロ撮影の一味違う写真で、たくさんのシーンをお楽しみください。
※パスワードチラシは各学校様宛にお配りしております。

6月24日【決勝】Nack5スタジアム
鮮やかミドル4発! 昌平が3年連続V!
昌平 vs 浦和南
前  半 2 - 1
後  半 2 - 1
合  計 4 - 2

 昌平は木下、原田の2ゴール、対して浦和南は佐藤が反撃の1点、前半を僅差で折り返した。後半15分、浦和南は右サイドから展開。鹿又、中道がつないだボールを大坂が豪快にドリブルシュート、これがゴール左に突き刺さり浦和南が同点とした。
 しかし昌平は慌てず、後半24分に相手DFのクリアミスから原田がダイレクトで勝ち越し点を蹴り込むと、31分には渋屋がドリブルから強烈なミドルシュートを決めた。4点すべて中距離から決めきった昌平が浦和南に競り勝ち今季初タイトルを獲得、3年連続3度目の優勝を果たした。
20180624.jpg

----------
6月23日(土)【準決勝】埼玉スタジアム第2G
昌平、今季二冠の成徳深谷に粘り勝つ!
成徳深谷 vs 昌平
前  半 0 - 1
後  半 0 - 1
合  計 0 - 2
20180623-01.jpg

浦和南、1点を守って9年ぶり総体切符獲得!
浦和南 vs 立教新座
前  半 1 - 0
後  半 0 - 0
合  計 1 - 0
20180623-02.jpg

 全国高校総体埼玉県予選準決勝、第1試合は新人大会と関東大会県予選を制した成徳深谷、今大会3連覇を狙う昌平が対戦。序盤から積極的に仕掛けた成徳深谷に対し昌平は粘り強く対応、前半34分に右から木下、原田を経由したボールを渡邉が合わせて昌平が先制した。後半は一進一退の展開が続いたが29分、左から須藤が仕掛けて右へ展開、フリーで構えた木下が貴重な追加点を蹴り込んだ。成徳深谷の反撃を抑えた昌平が今季2大会で苦杯を喫した成徳深谷にリベンジを果たすとともに、3年連続3度目の総体出場を決めた。
 第2試合は関東大会出場の立教新座と浦和南が激突。前半14分、ゴール正面の絶好の位置で浦和南がFKを獲得。田代が放ったボールはクロスバーを叩いてライン上落ちると、そこへ詰めた狩集が押し込んで浦和南が先制した。立教新座は中盤の競り合いにひるまず19分、26分と続けて決定機を迎えたが得点ならず。後半に入るとセットプレーを交えて攻勢を強めたが最後まで浦和南ゴールをこじ開けることができなかった。浦和南は9年ぶり、12度目となる総体出場切符を獲得した。

----------

6/17(日)【準々決勝】
●浦和南高校G
浦和南 3-1 正智深谷
昌平 4-1 浦和東

●西武台高校第2G
成徳深谷 3-1 浦和学院
武南 0-1 立教新座
posted by 管理者 at 00:00| オーレ!埼玉 2018取材

2018年06月19日

平成30年度 学校総体兼全国高校総体埼玉県予選【1回戦〜3回戦】

スマホには負けない!写真で伝える躍動感! プレー中の写真は宝物!
下記サイトに掲載いたしました!
IPGSバナー
プロ撮影の一味違う写真で、たくさんのシーンをお楽しみください。
※パスワードチラシは各学校様宛にお配りしております。
■1・2・3回戦は全ての試合を網羅しておりません。ご了承ください

6/16(土)【3回戦】
●浦和南高校G
浦和南 1-0 国際学院
川越南 0-2 浦和東

●昌平高校G
昌平 3-0 川口市立
武南 3-2 早大本庄

●西武台高校第2G
浦和学院 3-0 埼玉栄
越谷西 0-1 立教新座

●埼工大G
埼玉平成 0-3 正智深谷
成徳深谷 1-0 本庄第一

----------

6/10(日)【2回戦】
●浦和南高校G
浦和南 2-1 西武文理
朝霞西 0-4 浦和東

●西武台高校第2G
西武台 1-2 埼玉栄
深谷 0-1 埼玉平成

●武蔵越生高校G
浦和西 2-3 浦和学院
武南 8-0 所沢中央

●惣右衛門G
春日部東 2-3 越谷西
山村国際 2-2 5PK6 川口市立

●昌平高校G
昌平 14-0 東農大三
国際学院 1-1 14PK13 深谷第一

●聖望学園高校G
早大本庄 4-1 伊奈学園
川越南 2-0 ふじみ野

●埼工大G
正智深谷 2-0 市立浦和
狭山ヶ丘 1-1 5PK6 本庄第一

----------
6/9(土)【1回戦】
●西武台高校第2G
県立川口 0-7 西武台
慶應志木 1-2 春日部東
朝霞西 3-0 鳩ヶ谷

●聖望学園高校G
伊奈学園 1-1 5PK4 聖望学園
ふじみ野 2-0 県立浦和

●武蔵越生高校G
武蔵越生 0-3 浦和西
国際学院 5-0 所沢
所沢中央 2-1 久喜北陽

●三郷北高校G
三郷北 0-1 本庄第一
早大本庄 3-1 叡明

●大宮南高校G
東農大三 2-1 大宮南
浦和北 0-1 西武文理
上尾鷹の台 0-1 川越南

●深谷第一高校G
獨協埼玉 0-4 深谷第一
熊谷工業 0-2 浦和学院
深谷 2-0 東野

●川口東高校G
埼玉平成 2-1 川口東
川越東 0-1 川口市立

●立正大学G
花咲徳栄 0-2 正智深谷
山村国際 1-1 3PK2 大宮東

●越谷しらこばとG
越谷西 3-0 南稜
越ヶ谷 0-2 狭山ヶ丘
posted by 管理者 at 00:00| オーレ!埼玉 2018取材

2018年06月05日

平成30年度 第61回関東高校サッカー大会

成徳深谷、関東大会初出場にて準優勝を飾る!
2018.6.4 mom
【Aグループ】決勝 正田醤油スタジアム群馬 13:00〜
成徳深谷(埼玉1位) 1(0-1)(1-1)2 前橋育英(群馬1位)

20180602.jpg

第61回関東高校サッカー大会が群馬県で開催、初出場の成徳深谷が準優勝に輝いた。
各都県1位が集うAグループ1回戦、成徳深谷は古河第一(茨城県)に先制を許し0-1で前半を折り返した。後半厳しいプレスから主導権を握った成徳深谷は24分、長谷のロングスローからこぼれ球を堀井が頭で押し込んでまず同点。34分には藤田がFKを直接決めて逆転に成功。さらにロスタイムには間中がだめ押しの3点目を蹴り込んで大会初勝利を飾った。
 2回戦は帝京第三(山梨県)と対戦。相手中盤の起点に圧力をかけた成徳深谷は終始ペースを掌握したが、シュートの精度を欠いて得点を奪えず。延長戦でも得点を奪えず嫌な空気が流れたが、PK戦では成徳深谷GK神尾が好セーブを連発。4本中3本を止める活躍で決勝戦に駒を進めた。
 昨年の全国選手権を制した前橋育英(群馬県)と対峙した成徳深谷は個々の技術、戦術に後手を踏み守勢に立たされた。なんとか2失点に食い止めたが、反撃は後半25分の間中が奪った一点に押さえられ敗退。初出場・初優勝へは届かなかったが、成徳深谷は今大会で貴重な経験を積んだ。

 大会Bグループに挑んだ立教新座は東海大甲府(山梨県)との初戦に臨んだ。相手ボールへの素早い寄せでボールを絡め取る立教新座が主導権を握った。しかし決定機を決めきれず、逆に前半ロスタイムにCKから失点。後半13分にはカウンターから痛恨の2失点目。立教新座は後半31分、渡邉が意地のミドル弾を蹴り込んで点差を詰めたが反撃も届かず。上位進出は果たせなかった。

2018.6.3 sun
【Aグループ】二回戦 コーエィ前橋フットボールセンター 13:00〜
成徳深谷(埼玉1位) 0-0 3PK1 帝京第三(山梨1位)

2018.6.2 sat
【Aグループ】一回戦 コーエィ前橋フットボールセンター 13:00〜
成徳深谷(埼玉1位) 3-1 古河第一(茨城1位)
【Bグループ】一回戦 コーエィ前橋フットボールセンター 10:00〜
立教新座(埼玉2位) 1-2 東海大甲府(山梨2位)
posted by 管理者 at 00:00| オーレ!埼玉 2018取材